大豆の多い食事と女性ホルモン

大豆の多い食事

ムダ毛の効果があると言われているイソフラボンですが、大豆製品の多く含まれています。豆乳も大豆製品ですが、大豆を水に浸してすりつぶし煮詰めたものですが、大豆エキスと違ってイソフラボンの量が大きく違う事が分かっています。

 

大豆エキスと豆乳では、原料はまるで同じですが、大豆エキスの方がイソフラボンの量が豊富です。

 

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあると言われてバストアップなどで人気がありましたが、美白や皮脂を多く分泌するのを抑制する作用もあると言われています。

 

しかし、大豆のみでバストが大きくなるのであれば、バストの大きさで悩んでいる人は非常に少ないのではないでしょうか?

 

なのである程度良いというぐらいで栄養のバランスの方が大切ですから、普段の食事に少し大豆製品を多くするというぐらいでいいと思います。同じ毛でも髪の毛は女性ホルモンの影響が強く、体毛は男性ホルモンの影響を受けています。

 

なので閉経してくると女性ホルモンの量が著しく減ってくるので、髪の量が減りやすいんですね。女性ホルモンはストレスに弱いホルモンですから、食事や処理の方法まで丁寧に行っていった方が良いんですね。昔から日本食は大豆を多く摂る習慣があるので日本食を少し多めにすると良いかもしれません。

 

また畑のお肉と言われているのでタンパク質も多めです。また以外に脂質も多く含まれています。牛肉や豚肉などの動物性のたんぱく質も良いですが、植物性タンパク質を多めに取る工夫をすると良いと思います。

 

また動物性タンパク質もすっぽんなどコラーゲンが豊富なので植物性だけにならない様に注意しましょう。まずはしっかりした栄養を取ることでストレスに強い体作りをする事で女性ホルモンの分泌量を減らさないようにする事もムダ毛にも良いです。

▲大豆の多い食事と女性ホルモン 上へ戻る
大豆の多い食事と女性ホルモン 先頭へ戻る